IMG_2228

川上蒼斗(オールアルビレックス)が、スイス🇨🇭レザンで開催された『ユース五輪』のスノーボードBIG AIR種目に日本代表として出場し、見事『銀メダル』に輝きました!!



IMG_0876

2022年、北京(中国)で開催される冬季五輪にも期待がかかります!

これからも応援を宜しくお願いします。


【川上蒼斗の紹介】

以下、新潟日報より

(略歴)

かわかみ・あおと

オールアルビレックス所属。2018年3月SAJ全日本スキー選手権大会スノーボードスロープスタイルで3位に入賞し、全日本スキー連盟 強化指定選手に選出。2022年冬季五輪を目指す。

 

上越市の中でも雪の多い地域に生まれて自宅付近にはたくさんのスキー場があります。
祖父はスキーを父はスキーとスノーボードを趣味として、ウィンタースポーツが大好きな家庭で育ちました。僕も5歳の頃から父にスキー場に連れて行ってもらい、スノーボードを教えてもらい滑っていました。スキー場に行くこと幼い頃から楽しみで本格的にスノーボーダーを目指そうと思ったのは、小学2年生の頃、スノーボードのキャンプに参加した時です。高学年の人の技を見て自分もあんな風に滑れるようになりたいとったのがきっかけです。僕が行なっているスロープスタイルという競技はコース上に配置されたキッカー(ジャンプ台)や、ジブ(人工的に作られた障害物)を滑走し演技ポイントを競う競技です。2014年からオリンピック競技に採用され注目が集まってきています。スロープスタイルの魅力はジャンプ台を飛び出して繰り出すダイナミックなトリックとジブで魅せるスタイリッシュなトリックだと思います。この一連のトリックを成功させるためには、日頃の体力づくりや練習、海外遠征、食事の管理と色々大変です。中学生の僕には家族の協力がなければ不可能です。家族にはとても感謝しています。12月には中国への海外遠征があり、新しいトリックを習得できるように頑張りたいです。